2022-10

褥瘡対策

【K式スケールの評価方法とは】褥瘡発生リスクアセスメントスケール

褥瘡のリスクアセスメントとして、日本に最初に導入されたのはブレーデンスケール。ブレーデンスケールは採点者によって点数にばらつきが生じます。そこで、評価項目に骨突出が組み込まれ、誰が採点してもばらつきが生じにくいK式スケールが開発されました。
褥瘡対策

厚生労働省危険因子評価とは?褥瘡リスクアセスメントスケールの1つ

褥瘡対策については平成24年度の診療報酬改訂から入院基本料の算定要件に組み込まれており、褥瘡対策においては危険因子の評価をすることが求められています。厚生労働省危険因子評価の使用方法いついて解説します
栄養管理

【低栄養の分類と診断基準】栄養スクリーニングツールとGLIM基準

最近、低栄養という言葉を聞くことが、以前よりも増えました。リハ栄養の関心が高まってきたことの表れだと思いますし、診療報酬でも栄養に関係する改定は進んでいます。しかし、まだまだ栄養状態の重要性は認知が不足しているところだと思っています。
病態理解を深める

【てんかん発作の症状と特徴】てんかん発作直後の対応方法を徹底解説

てんかん発作は医療や介護の現場ではいつ起きてもおかしくない病態になります。筆者も診療中に、隣のベッドで寝ていた患者様が、突然てんかん発作を起こした経験があります。この記事を読めば、てんかん発作の理解を深め対応方法を学ぶことが出来ます!
褥瘡対策

【体圧分散マットレスの種類と選び方】褥瘡予防に必要な耐圧分散性能

褥瘡発生率を低下させるために体圧分散マットレスの使用は推奨されています。しかし、体圧分散マットレスといっても今の時代ですと、多種多様のマットレスが存在します。そこで体圧分散マットレスについて基本的なところを説明させて頂きます!
褥瘡対策

【OHスケール|褥瘡評価表】4つの危険因子でリスクアセスメント

今までに褥瘡発生リスクが高い患者および利用者を抽出するためにいくつものリスクアセスメントスケールが考案されてきました。その中で、日本でよく使用されていて、簡便で使用しやすい評価法の1つとしてOHスケールを推奨することができます。