2023-07

評価法

【JST版活動能力指標:JST-IC】評価方法と質問項目を解説

IADLの評価尺度といえば老健式活動能力指標ですが、時代の変化と高齢者のライフスタイルの変更により評価尺度のアップデートが求められております。JST 版活動能力指標を解説します!
臨床での悩み

【筋トレ(筋肥大)のメカニズムとトレーニングの原則】筋肉の仕組み

筋力増強練習については、基本動作練習や日常生活動作練習と並んで臨床で実施する頻度の高いリハビリテーションプログラムの1つになると思います。
臨床での悩み

リハビリ中止基準→アンダーソン土肥の基準|医療におけるリスク管理

リハビリテーションの安全管理および運動の中止基準としては土肥・アンダーソンの基準があります。リハビリテーションを実施する上で頭に入れておかないといけない基準になります。
臨床での悩み

【血圧の測り方:上腕動脈】正しい血圧測定方法のポイントを徹底解説

血圧測定は体調確認方法の1つになります。血圧測定することで、体調の変化の気付きに繋がったり、運動時の負荷量が適切か判断する材料になったりします。
評価法

MFESとは?転倒恐怖感の評価方法|14の評価項目とカットオフ値

転倒恐怖感は日常生活における活動制限や行動範囲の縮小を引き起こし、身体機能低下や生活の質の低下を招く厄介な心理的症状となります。転倒恐怖感の評価方法を解説します
栄養管理

【NSIとは?低栄養の評価方法】10項目で評価するチェックリスト

米国で開発された栄養スクリーニングツールになります。10項目の設問からなるチェックリストに回答することにより、低栄養の危険性が確認できる仕組みとなっております。
評価法

【PGCモラールスケールとは】評価用紙と評価方法|生活満足度尺度

主観的なQOL評価として国内で使用されている尺度の1つに改訂版PGCモラールスケールという指標が挙げられます。こちらはIADLの評価尺度して有名なLawtonの尺度を開発したLawtonが開発した主観的QOL評価方法になります。
評価法

高齢者転倒リスク|MFS:Motor Fitness Scale

高齢者の運動機能に対する評価尺度ですが、環境や運動設備が不十分であっても実施可能であり、かつ短時間で評価することができるMFS(Motor Fitness Scale)という評価尺度についてご存知でしょうか?こちらの記事で解説します!
フレイル・サルコペニア

【身体活動量に応じた高齢者の運動効果】介護予防、健康におすすめ

身体活動量の低下は健康にとって良いこととは言えず、歳をとっても健康でいる確率を高めるためには、ある程度の身体活動量を保持していくべきです。身体活動量の計測において便利な機器が活動量計になります。
褥瘡対策

【褥瘡治療に必要な栄養素とは】創傷治癒効果を高める褥瘡の栄養管理

褥瘡対策における栄養管理としては、褥瘡が発生する以前の身体の変化や摂食機能の確認することは勿論、生活環境など総合的な視点からアプローチする必要があると考えられます。この記事では褥瘡を治すための栄養素について解説していきます。