摂食・嚥下

摂食・嚥下

【高齢者むせ込みの対処方法と原因】誤嚥したら窒息の可能性を疑う

高齢者の不慮の事故として、毎年「窒息事故」の件数が多く、年間数千人もの高齢者が窒息により亡くなっています。窒息は元気な人が突然命を失う恐ろしい病態になります。
摂食・嚥下

口腔機能低下症とは?筋力低下|運動能力低下|栄養障害に繋がる症状

高齢者の口腔機能が低下した様子を示す用語として、オーラルフレイルと口腔機能低下症という用語があり、これらはいずれも超高齢社会を突き進む本邦にとって重要性が高いキーワードになります。
摂食・嚥下

摂食嚥下機能の評価スケール|嚥下障害のスクリーニングと評価が重要

超高齢社会の日本では口腔内の機能や嚥下機能の重要性が再認識されております。そこで、鍵となるのが摂食嚥下障害のスクリーニング検査になります。
摂食・嚥下

【KTバランスチャート】13項目からなる嚥下機能の包括的評価方法

食べることに困難を有する要介護高齢者に対する支援には、医学的管理のみならず誤嚥性肺炎や低栄養のリスクを勘案した心身の調和への包括的なサポートが必要になります。この食べる機能についてを包括的に評価する方法が、KTバランスチャートになります。
摂食・嚥下

【EAT-10とは】摂食嚥下障害の評価方法|簡易嚥下状態評価票

嚥下機能評価のゴールドスタンダードは嚥下造影検査(VF)になりますが、特別な機器や技術が必要となります。嚥下造影検査を実施したいけど、実施するのは難しい、このような背景から質問紙法による嚥下評価が開発され、その有用性が認められてきております
摂食・嚥下

【摂食嚥下機能の評価スケール】相対的喉頭位置|GSグレードテスト

食べることに関係する支援は高齢化社会が進んでいく中で、今後ますます重要性が高くなります。摂食・嚥下については言語聴覚士や看護士に頼りきりになるのではなく、理学療法士も専門性を活かした評価を行うことが必要になります。
摂食・嚥下

【嚥下のメカニズムと段階とは】摂食嚥下|食事の5期モデルを解説

摂食嚥下障害で生じる問題は、肺炎・窒息・低栄養・脱水など生命の危険に直結する、とても深刻なものばかりです。また、食べることの障害は、医学的リスクだけでなく、食べる楽しみを失うという生活の質(QOL)の観点からも重要な問題になります。
摂食・嚥下

【咳テストのやり方とは】評価方法と評価の目的(不顕性誤嚥)を解説

咳テストは不顕性誤嚥のスクリーニングのために開発されました。現在までの研究で高い精度を示し、不顕性誤嚥のスクリーニングに有用であることが示されています。咳テストを用いることで、咳を誤嚥の徴候として使えるか否かを判断することが目的となります。
摂食・嚥下

【反復唾液嚥下テスト(RSST)検査のやり方】摂食嚥下レベル評価

反復唾液嚥下テストは、環境や職種を選ばず実施可能であり、医療機関以外の様々な環境でも実施することができます。これは評価尺度として大きなメリットになります。こちらの記事でRSSTについて解説していきます!
摂食・嚥下

改訂水飲みテストとは?3ml、30ml、100mlを使い分け評価

水飲みテストは水があれば評価できるため、簡便に評価できます。更に嚥下機能評価法の質という観点からも有用性が認められています。この記事では、国内外で使用されている代表的な水飲みテストの種類と最新の知見を概説していきたいと思います。