臨床での悩み

【関節可動域制限(関節拘縮)とは】8つのエンドフィール(抵抗感)

関節可動域制限の制限要因は多岐に渡ります。要因の特定と、その要因に応じた治療法というものは簡単なものではなく、特に経験年数が浅い療法士は、誰しもが悩みながら診療していると考えられます。関節可動域制限について分かりやすく解説します。
摂食・嚥下

【DSSとは?摂食・嚥下障害の臨床的重症度分類】評価方法を解説

この記事で解説する「摂食・嚥下障害の臨床的重症度分類(DSS)」は 7 段階の包括的な順序尺度であり、判定を行うことで重症度に応じて、どのような対応を行うべきなのかについての指標にもなります。評価方法について徹底解説します。
内部障害

【リハビリに必要な糖尿病の評価項目とは】理学療法士に求められる事

糖尿病患者のリハビリテーションを安全に実施するためには、低血糖症状を始めとした様々な糖尿病の症状を正しく理解する必要があります。こちらの記事でわかりやすく解説していきます。
評価法

【ALSFRS-Rの評価項目とは】筋萎縮性側索硬化症の重症度評価

こちらの記事では、ALS に特化した評価尺度である ALSFRS-R について紹介します。評価方法や最高得点、最低得点についてわかりやすく説明します。
評価法

【脊髄障害自立度評価法(SCIM)】脊髄損傷患者のADL評価方法

ADLの評価指標には FIM や Barthel Index を始めとして、さまざまなものが開発されていますが、脊髄損傷患者を評価するためには脊髄損傷に特化した指標を使用するべきになります。そこで紹介する指標が脊髄障害自立度評価法になります
評価法

【動的歩行指数】Dynamic Gait Index (DGI)

歩行能力の向上は切実な願いの 1 つとなります。歩行能力を適切に評価することは、リハビリテーション、転倒などのリスク管理をするうえで必要不可欠となり、安定性・効率性・耐久性・汎用性などさまざまな視点からの評価が重要になります。
脳卒中

【modified Rankin Scale:mRS】脳卒中評価

脳卒中発症後の評価尺度として国際的に汎用されている指標にmodified Rankin Scale(mRS)があります。観察のみで評価ができる点や、包括的な全身状態を理解できると言った点では、有用な評価、理解しておくべき指標となります。
脳卒中

BLS(バーク側方突進スケール評価用紙)プッシャー現象の評価方法

Pusher 症候群は脳卒中の予後を不良にする要因になります。リハビリテーションを進めるうえで重要なことは、Pusher 症候群の症状を適切に評価することになります。そこで、こちらの記事ではBLS(側方突進スケール)について解説します。
脳卒中

trunk control test(TCT)評価用紙|体幹機能

こちらの記事では 4 項目という非常に少ない項目で短時間で体幹機能を評価することができる Trunk Control Test(TCT)について解説します
脳卒中

SCPとは?プッシャー症候群リハビリ評価スケール|BLSとの違い

Pusher 症候群のリハビリテーションを進めるうえで重要なことは、Pusher 症候群の症状を適切に評価、アセスメントすることになります。こちらの記事では Pusher 症候群の評価に有用な SCPについて解説していきます。