評価法

評価法

【ALSFRS-Rの評価項目とは】筋萎縮性側索硬化症の重症度評価

こちらの記事では、ALS に特化した評価尺度である ALSFRS-R について紹介します。評価方法や最高得点、最低得点についてわかりやすく説明します。
評価法

【脊髄障害自立度評価法(SCIM)】脊髄損傷患者のADL評価方法

ADLの評価指標には FIM や Barthel Index を始めとして、さまざまなものが開発されていますが、脊髄損傷患者を評価するためには脊髄損傷に特化した指標を使用するべきになります。そこで紹介する指標が脊髄障害自立度評価法になります
評価法

【動的歩行指数】Dynamic Gait Index (DGI)

歩行能力の向上は切実な願いの 1 つとなります。歩行能力を適切に評価することは、リハビリテーション、転倒などのリスク管理をするうえで必要不可欠となり、安定性・効率性・耐久性・汎用性などさまざまな視点からの評価が重要になります。
評価法

運動失調検査:SARAとは?評価のやり方と評価用紙&カットオフ値

運動失調症の程度や進行度を評価することは、診断や治療、リハビリテーションの効果判定に重要となります。この記事では、運動失調の評価方法の一つであるSARAについて解説します。
病態理解を深める

【ICARS:運動失調重症度評価】評価方法&評価用紙ダウンロード

脊髄小脳変性症の効果判定には、脊髄小脳変性症の多彩な症状を評価する方法が必要になります。そのため開発されたのが、International Cooperative Ataxia Rating Scale(ICARS)になります。
評価法

【多系統萎縮症の評価:UMSARS】カットオフ値とリハビリの方法

多系統萎縮症は多岐の症状を認める疾患であることや、症状もタイプによって異なるため、定量的な評価の実施が難しいという特徴があります。このような問題を解決するべく多系統萎縮症の評価尺度、統一多系統萎縮症評価尺度(UMSARS)について解説します
評価法

【認知症簡易テスト】長谷川式簡易知能評価スケール:HDS-Rとは

認知症の可能性を抽出する検査方法で最も有名なものが、改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)になります。医療従事者であれば誰でも知っている認知機能検査になると思いますが、誤った方法で検査を行っている人が非常に多いのが現実になります。
評価法

【意欲の評価方法】①やる気スコア②Vitality Index③

リハビリテーションに対する意欲の低さは、社会復帰への意欲の低さに関連することも報告されており、意欲についてはリハビリテーションを実施するうえで必要な評価項目のひとつとなります。
評価法

【EuroQol:EQ-5Dとは?】健康関連QOLの評価方法

高齢化の進む日本では、「単に生きるだけではなく充実した人生を過ごすこと」が人生の充実に直結すると考えられています。そのアウトカム指標となる QOL 評価法を紹介します。
評価法

【筋緊張|痙縮の評価方法】MAS(アシュワーススケール)とMTS

健康上の脅威となる痙縮ですが、痙縮に立ち向かうために必要なこととして、しっかりと痙縮の評価を行い、評価に基づいた治療や対策を講じることが基本になります。