病態理解を深める

病態理解を深める

【ICARS:運動失調重症度評価】評価方法&評価用紙ダウンロード

脊髄小脳変性症の効果判定には、脊髄小脳変性症の多彩な症状を評価する方法が必要になります。そのため開発されたのが、International Cooperative Ataxia Rating Scale(ICARS)になります。
病態理解を深める

【意識レベル評価方法:JCSとGCS】意識障害と意識消失の違い

意識障害については急性期、回復期、慢性期と病期を問わずに重要な病態となります。しかし、意識障害は複雑な病態でもあるため、意識障害についてわからないこともあるかと思います。そんな人のために、こちらの記事をまとめました!
病態理解を深める

【高齢者に多い誤嚥性肺炎】誤嚥性肺炎の原因と3つの予防方法を解説

高齢者が罹患する誤嚥性肺炎の生命予後は良好とはいえず、発生させないことが重要となります。そのためには誤嚥性肺炎の病態を良く理解し、発生に早く気付き治療を開始すること、発生リスクが高い対象者に予防策を講じることがポイントになります。
病態理解を深める

【痙縮のリハビリテーション】物理療法、運動療法、装具のポイント

痙縮治療の目的は、この病態の過程を断ち切ること、すなわち過剰な筋活動を抑制し、筋の短縮および拘縮を予防・軽減することになります。それには、患者や家族を含めた多職種連携チームによるマネジメントのもと、包括的 に治療を進めることが必要となります
病態理解を深める

【運動失調症とは?症状を解説】失調症に対するリハビリのプログラム

協調運動障害の1つに、運動失調症という症状があります。運動失調症とは、目的の運動に関係する様々な動きの協調性が悪くなるため、それを円滑にできなくなる病態を指します。運動失調症について簡潔に解説していきます。
病態理解を深める

【EIH:疼痛抑制効果とは】運動療法で運動器慢性疼痛が改善する

日本では高齢者における医療および福祉が大きな問題となっております。高齢者では運動器の機能障害を抱える人が多く、肩や腰、膝などに生じる運動器慢性疼痛を抱えている方も少なくありません。
病態理解を深める

【てんかん発作の症状と特徴】てんかん発作直後の対応方法を徹底解説

てんかん発作は医療や介護の現場ではいつ起きてもおかしくない病態になります。筆者も診療中に、隣のベッドで寝ていた患者様が、突然てんかん発作を起こした経験があります。この記事を読めば、てんかん発作の理解を深め対応方法を学ぶことが出来ます!
病態理解を深める

【下部尿路症状とは?】国際前立腺症状スコアと過活動膀胱症状スコア

歳をとると排尿関係の悩みを抱える方が、男女を問わず多いかと考えられます。排尿については日常生活における重要な構成要素でありますが人に相談しにくいところでもあると思います。そこでこの記事で、下部尿路症状(LUTS)の評価方法を解説します!
病態理解を深める

【失語症とリハビリテーション】病期別でリハの目的と方法を解説

脳血管疾患後の失語症ですが、言語機能は身体機能と異なり長期間にわたり回復を期待することができます。発症から月日が経過していても、周囲の協力やご本人の努力次第で、少しずつ回復する可能性があります。失語症のリハビリテーションについて解説します!