臨床での悩み

臨床での悩み

【関節可動域制限(関節拘縮)とは】8つのエンドフィール(抵抗感)

関節可動域制限の制限要因は多岐に渡ります。要因の特定と、その要因に応じた治療法というものは簡単なものではなく、特に経験年数が浅い療法士は、誰しもが悩みながら診療していると考えられます。関節可動域制限について分かりやすく解説します。
臨床での悩み

【長期臥床の影響】高齢者の廃用症候群とは?リハビリで予防する方法

長期臥床とは、安静臥床が一定期間続く状態のことをいいます。身体にさまざまな弊害を与え、やがて廃用症候群を発症します。長期臥床について、わかりやすく解説していきます!
臨床での悩み

【クリニカルクラークシップとは】理学療法士やリハビリの臨床実習

クリニカルクラークシップを取り入れた臨床実習は、学生への教育効果、過度なストレスの軽減、指導者の負担軽減、患者保護など有用性が多く挙げられます。しかし、施設側では臨床自習への方法論について討論が必要とされています。
臨床での悩み

【筋トレ(筋肥大)のメカニズムとトレーニングの原則】筋肉の仕組み

筋力増強練習については、基本動作練習や日常生活動作練習と並んで臨床で実施する頻度の高いリハビリテーションプログラムの1つになると思います。
臨床での悩み

リハビリ中止基準→アンダーソン土肥の基準|医療におけるリスク管理

リハビリテーションの安全管理および運動の中止基準としては土肥・アンダーソンの基準があります。リハビリテーションを実施する上で頭に入れておかないといけない基準になります。
臨床での悩み

【血圧の測り方:上腕動脈】正しい血圧測定方法のポイントを徹底解説

血圧測定は体調確認方法の1つになります。血圧測定することで、体調の変化の気付きに繋がったり、運動時の負荷量が適切か判断する材料になったりします。
臨床での悩み

1RMの意味とは?RM法で効果的筋力トレーニング|リハビリに有効

筋力トレーニングはリハビリのプログラムの土台となります。低下した動作能力の改善を図る時には多くの場合で筋力の向上が1つの方法になるためです。これは、理学療法士に関わらず、作業療法士も言語聴覚士も同様になります。
臨床での悩み

【筋肉と筋収縮の種類】等尺性と等張性|求心性と遠心性の理解が要!

筋の収縮様式には複数の様式があり、それぞれ長所・短所と特徴があります。筋力トレーニングの効果を最大限もたらすためには、これらについて理解したうえで実施する必要があります。筋肉の収縮様式をわかりやすく解説します!
臨床での悩み

【介護職員の腰痛対策とその原因】ボディメカニクスとストレッチが鍵

医療や介護の世界における労働者の悩みとして、腰痛の発生が以前から問題となっております。ボディメカニクスは正しく理解して実践することができれば、学んだその日から効果を発揮するテクニックになるため、非常に有効な腰痛予防対策といえます。
臨床での悩み

バランス能力とは?高齢者のバランス機能低下に対するリハビリと運動

バランスという用語は様々な捉え方があり、その意味内容は用いられる文脈によって異なります。リハビリでも、バランスという用語はひとつのキーワードとなるため、概念を正確に捉えておく必要があります。バランスについて、この記事で詳しく解説します!